間男って何ですか?

サイトメニュー
  
間男との修羅場
  
制裁を加える
  
汚嫁とは?
  
W不倫の話
  
間男に慰謝料請求
  
矢口真理と間男
  
           
 
   

間男とはどういったもので、なぜそう呼ばれるようになったのか

間男とはすでに結婚して夫のある女性が、他の男性と男女の関係をもつことをいいます。またはそういった不倫相手の男性そのものをさす言葉でもありますが、一般的には後者の意味で使われることのほうが多いようです。また不倫でなくても、男女が密かに持つ関係のことをさすこともあります。ではなぜ間男とはそういった呼ばれ方をしているのか、理由は諸説あります。まず、間男の「ま」は「両手(まて)」の「ま」とする説があります。これは、両手に夫ともう一人の男を持つ、という意味であるという説です。他にも「床の間に入ってくる男」という説や、「間を盗んでやってくる男」などが語源としてあがっています。しかし、今のところ一番主流な説は「夫婦の間に入ってきた男」というものです。間男という言葉は今昔物語の中にも見られ、かなり古くから使われていました。江戸川柳にも間男を題材にしたものは数多く見られ、間男とは昔も今も人の口にのぼりやすく、また面白可笑しく語られる題材となっているようです。

間男に復讐するなら徹底的に社会的な制裁を加えること

妻が不倫をしていることがわかると、男性に限ったことを言うと屈辱を感じる人が圧倒的多数です。その後にふつふつと湧いてくるのは、自分を馬鹿にした妻と間男に対する復讐心です。男性の不倫よりも女性の不倫のほうが圧倒的に離婚を選ぶ事が多いのは、男性のほうが切り替えが早く、仕事があるので自活できるという要因が大きいためです。間男に復讐を計画するのであれば、慰謝料に加えて社会的制裁を加える事がもっとも効果的です。まず、優先すべきことは、浮気調査会社に依頼をして決定的な証拠をできるだけ多く集めることです。慰謝料を目的としない場合は、とにかくダメージを与えるために証拠集めを優先させてください。その間、できるだけ平静を装って結婚生活を続けてください。その後、証拠が集まったところで弁護士などに依頼して内容証明を作成し、間男の自宅並びに勤め先に送付します。不倫は差h快適に許しがたい行為なので、会社へ内容証明を送付するだけで間男を社会的に制裁することができます。

江戸時代だったら浮気では済まない間男との関係

浮気はしてはいけないこという認識は大多数の人間が持っていますが、実際に経験、もしくはパートナーにされた経験を持つ人は大勢います。そしてそれは時に、ワイドショーを賑わすような事件に発展し、命を落とす人も出してしまいます。もちろん、この場合にもたらされる殺人は非合法なものであり、刑事罰の対象となります。しかし、江戸時代は違ったのです。江戸時代では、妻の浮気は大変重い罪でした。実際に、当時の法律で、妻の浮気現場を発見した場合、夫は間男を殺してもいいとされ、妻を寝取らた武士が間男を切り殺したという事実もあります。また、浮気をした妻と間男は同罪として死罪と定めている法律もありました。実際に、死罪にされた妻はいましたが、妻がどうしようもないほどの悪女でない限り、内々の問題としてこっそりと処理しました。また、江戸中期になると、浮気をする妻が増え、死罪とする刑罰は現実的ではないという批判を受けるようになり、妻は吉原に数年間身売りされました。

間男はベランダに隠れているかもしれません

間男がベランダに隠れている、ドラマなどでもよくある光景ではないのでしょうか。こういうのはドラマの中だけの話だと思いますか。実は意外と現実にもあるものなのです。人が隠れるのにベランダというものは絶好の場所なのですから。今では主婦の人に浮気が多いと言われています。実は男の人より女の人のほうがしたたかに浮気をするといえるでしょう。主婦といえばなかなか家からはでれないもの。だったらということで、自分の家で浮気をしている主婦の人は少なくありません。家で会うメリットとして、外で会うことに比べて人に見られる心配もありません。家に入る姿を見られていたとしても、業者人などといくらでもいいわけができるものです。なので外で会うよりメリットがあるものなのです。心配なことといえば、家に来ているときに誰かが訪ねてくることでしょう。そんなときにベランダが役にたちます。もし自分が誰かの家を訪ねて妙にそわそわしていたら、もしかしたらベランダに間男が隠れているかもしれません。

Copyright (C) 2013 間男って何ですか? All rights reserved.
| | | |